2008年04月19日

日本の無添加食材料理の特長とは

無添加食材料理の中でも、お寿司や天ぷら、蕎麦(そば)などは、日本無添加食材料理の代表的なもので、海外でも高い認知度を誇っています。


 素材の持ち味を引き出した味付けや、見た目(食器への盛りつけ方など)を重視する傾向も、日本無添加食材料理の特長の一つ。海に囲まれた日本は、魚介類や農産物が豊富なため、日本無添加食材料理では、季節ごとに旬の素材を味わうことができるのです。


 また、最近では、日本無添加食材料理(和食)のヘルシーさが、国内・海外問わず広く見直されてきています。

マンション暮らしの私にとっては羨ましい話です。


 西洋の肉無添加食材料理や魚無添加食材料理はカロリーが高いため、懐石無添加食材料理(会席無添加食材料理)におけるシンプルな「一汁三菜」メニューや、野菜中心の精進無添加食材料理なども、ダイエットに取り組む女性たちから人気を博しています。


 なお、日本無添加食材料理の正式なものは、本膳無添加食材料理と呼ばれます。

ラベル:和食 日本食
posted by 無添加で育児 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。