2008年03月31日

日本の無添加食材料理の特色

無添加食材料理の中でも、日本無添加食材料理は、季節感や新鮮な素材の持ち味を活かしたヘルシーなメニューのため、近年、見直されてきています。海に囲まれた島国だけあって、魚介類・海産物が豊富なことも、日本無添加食材料理の特長の一つ。


 日本無添加食材料理の代表格は、お寿司や天ぷら、そばなどで、調味料にはしょうゆやみそが欠かせません。


 茶会での懐石無添加食材料理や、宴会時の会席無添加食材料理のメニューは、基本的には一汁三菜で、お吸い物、刺身、焼き物、煮物となっています。日本無添加食材料理の正式なものは本膳無添加食材料理と呼ばれます。

賃貸マンションでも皆で囲んで食べる食事は美味しいものですよね。

 油を控えた低カロリーの日本無添加食材料理(和食)や、肉や魚を使わない、野菜中心の精進無添加食材料理は、ダイエットをしている女性にも好評で、また、日本のみならず、海外からも、健康によい食品として好んで食されるようになってきています。
posted by 無添加で育児 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。