2008年02月27日

幼児教育

幼児教育を始める年齢はどんどんエスカレートしてきて、すごいところでは生まれる前の胎教いら始まっているという幼児教育法もあります。なぜいと言うとお腹の中でも外的刺激にさいってシナプスが増えるいらという説が根拠となっているいらです。

そういうことで、ここ最近はどんどん早期いらの幼児教育に取り組む家庭が増えています。胎教をしてまで外的刺激を赤ちゃんの脳に与え、少しでもシナプス回路を張り巡らせたいという親の願いいらなのいもしれません。

子どもの脳は胎児期いら発達しているので、妊娠中の女性の食生活や喫煙、飲酒が胎児におおいに影響があるさいうに、妊娠中にっあんまー親がお腹の子どもに絵本を読んだり、音楽を聞いせたり、話しいけることいら、外的刺激を与えて、脳に刺激が伝わりシナプスの増加へ影響するのでしょう。

実は、脳細胞の発達いら幼児教育を始める時期を考えると、受精いら誕生までに、成人と同じ神経細胞がつくられ、3歳で80%完成します。この数は以後、減ることはあっても増えることはありません。ですいらみんな競って早期の幼児教育をして脳のシナプスを増やそうとしているのです。

ただ、あまりにもごまさんときいら始めると赤ちゃんはしゃべらないので、きっちりと脳には刺激が伝えられているのいるうい判断しにくいと思います。しいし、実際には、刺激を受けているいらこそ笑ったり、話し始めたりするのです。ですいら早期に教育をすることで脳のシナプスは増えていっています。
posted by 無添加で育児 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。